俳句も写真も音楽も

それから、ほかのおはなしも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松山

ふるさとを離る石鎚山に霧

月曜日から松山へ行っていました。
月曜日の夕方から道後で高校の同期会。

そのホテルへ2泊して、その後街中のホテルで2泊。
他の地ではそんなに長く滞在することは家族と共にだけで、松山は例外。
とは言っても、子供達が幼かった頃は実家へ帰っていたし、それはそれで夏など長かった。

一人での、2週間ほどの松山滞在は、母が倒れた18年前だけ。
あれは相当に厳しい日々だった…

ともあれ、今回はほんとうに私の為の時間がほとんどで、こんなに自由なことって、楽しい。
友達と何人会ったのだろう。
何人の人とお食事をしたのだろう。
そして、夜も遅くまでいろんな店で過ごしていた。


26日の帰りはひとり旅、JRでの海辺の窓。
瀬戸の海を撮ってみる。

反対の、右側の窓からはこの俳句のような風景もしばらく続いていた。



9_26_seto.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/09/28(日) 00:27:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小雨の昼

傘差すもわすれしままに白芙蓉

玄関を出て階段を降りたら、隣接の家の庭から白い花が呼んでいる。
近づけば、あの沙羅の花のようにうすい花びら!

携帯で撮った。

パソコンで大きな画像で見れば、なんと!花の中には蟻が居る!



fuyo_1.jpg

fuyo_2.jpg
  1. 2008/09/18(木) 23:54:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

十五夜

名月やテレビの篤姫凛として



f_moon_3.jpg
  1. 2008/09/14(日) 23:59:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

和と洋と

秋扇友の住ひは明るくて

ちゃんと訪ねたのは昨日が初めて。
一度寄ったのは夜も遅かったし、越して直ぐの頃だったから。

友達4人でお昼から夕方まで、話し、笑い、食べていた。
20歳の頃だったら、こんな部屋に居る友達なんてなかっただろうに…

結婚したことも、
子育てしたことも、
仕事をしたことも、
どこかへ飛んで行ったような気分だった。

時々彼女の部屋へ行こう。
とても元気になれそう。

お城を見下ろす窓。
隣の和室には壁に扇が掛っていた。
金扇に青い亀甲の線が美しくて…菊も描かれてあった、ような。



park_1.jpg

  1. 2008/09/11(木) 23:45:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すてーじ

色鳥や中にも著き舞姫の

「私の中で大きく根を張り、枝を伸ばし
葉が茂り、幾度も花が咲く……」


プログラムにはそう書いてあった。
いろんな色の、形の、花々が咲き揃い、個性が耀いていた。
それを見せていただけた日曜日の午後でした。



eki.jpg

はじめて降りた駅の階段も印象的で
  1. 2008/09/08(月) 00:32:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残暑

秋暑し小さきバスに乗りてみる

久しぶりに買い物に出て、夕方の街で200円で乗れるバスにふらっと乗った。
ちょうど発車前だったし、興味もあったから。

そうしたら、友達が居た!
あら、じゃ、寄って行く?ということになり、彼女の家で夕食を。

通ったことのない住宅街を走るかわいいバス。
案外、私はこれから乗るのかもしれない…



  1. 2008/09/06(土) 23:52:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こすもす

爽やかやブロードバンドもどり来て

インターネット接続できなかったことはこの10年以上、家に居る限りなかったと思う。
今回も自分のではないにしても使えることは使えたけれど…

ちょっとややこしい連絡があって、使い慣れないパソコンでは倍以上のつかれが。

やっとほっとしたのが4日目だったかしら。




conmos_c.jpg
清里の、清里ハムの店の前にコスモスが咲いていた

  1. 2008/09/06(土) 23:36:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月27日に

秋の声たしかに聞きし美術館

清里での二日目。
女同士だから、ゆっくりとあの美術館で午前中を過ごそうと思った。

二年前にさっと見た時の印象が好もしかったし、混むこともない時期。

大きな窓から見える木々もやはり清々しい。
展示されたガラスたちも、あの時よりは美しいと思った。

特にこれなど。

私はドームという作家を知らなかったから、尚のこと。




dorm.jpg
  1. 2008/09/02(火) 22:51:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。