俳句も写真も音楽も

それから、ほかのおはなしも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

俳誌「ににん」より


ribon-line.gif


  抜歯後の左には窓空は春

  針供養麻酔注射の針触るる

  春疾風半世紀麻酔恐怖症

  梅が香にふさはしき友の誕生日

  つばくらめ「舞妓林泉図」眺めをり



ribon-line.gif



スポンサーサイト
  1. 2009/04/26(日) 23:56:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

らいぶ

晩春のエイトビートと赤い靴

彼女は黒と青のウェアに、赤い靴を履いていた。
雨の降る春の夜をその色が明るくしていた。

ピアノがキラキラして、ベースもさわやか、ドラムスはなんとも気分よく。

彼女の歌も久しぶりに聴いたら、厚みがあった。
  1. 2009/04/21(火) 23:46:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白にくれなゐ

佳きことの色に咲き初む白つつじ

思いがけなく優しい花の姿があった。
どの花も例年よりは早いというにしても。

そして、このつつじには、真っ白い花もあるけれど紅の細い線や斑が入っている花が多い。

小さな庭の、また片側に…だから余計に嬉しい。

それから、今は満天星の花があちこちにチラチラと揺れている。



tsutsuji_2.jpg

doudan_2.jpg


  1. 2009/04/16(木) 22:48:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土曜日

山独活やほろ苦きこと噛みしむる

郊外の蕎麦屋さんへ行った。
この季節の、山菜の天麩羅が最高で。

蓬も美味しい、春の竹の子は柔らかい。
びっくりするほどの苦みに、ちょっとためらう…「これって?」と訊けば「うどの葉ですよ」との返事で。
身体にいいんだろうなぁ、と、そんな風に感じた。

人生の苦みも、ほんとうはそんなものかもしれない。



tanpopo.jpg
  1. 2009/04/12(日) 00:07:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花・花・花

まづ花束やがて爛漫の桜かな



4_6.jpg



午後、伊賀川のほとりへ。
桜につつまれるようにして、桜の絵の並ぶ画廊へ。



4_6_igagawa_s.jpg

4_6_igagawa_2s.jpg

桜の絵が飾られた中庭のガラスには、
ほんものの桜が映ってます。

4_6_galaly.jpg

  1. 2009/04/06(月) 15:22:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。