俳句も写真も音楽も

それから、ほかのおはなしも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

若竹を眺めて海に出でし午後

日曜日のお昼過ぎにホテルの送迎バスに乗って、三河湾へ。
途中から初めて通る道路となり、郊外の家々には緋色の花があちこちに咲いていた。

凌霄花…以前の家の庭を思い出していた。

それからはずっと山の中を通る道で、雨後の緑の濃淡が美しく揺れていた。
特に目を惹いたのが若竹。

そして、いつの間にか海が見えてくる。

コーヒーとケーキとジャズピアノの会。
その時間はブラインドで薄暗くしてあり、海は見えない。
でも、窓の向うは海!

ゆっくりと海に向った頃には陽も差して、夏の海のよう。



shima.jpg


スポンサーサイト
  1. 2009/06/28(日) 20:02:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何年ぶりやら

かき氷うっかり話してしまひをり

みんなで入った喫茶店で、メニューのかき氷の写真で食べたくなった。
ミルクの掛った、中には小豆餡が入っているかき氷は、ちょっと多過ぎて、二人におすそ分け。

何を話してしまったか、それはここでは内緒。



takigawa.jpg

  これはかき氷ではなくて、滝川豆腐などのセット♪
  1. 2009/06/24(水) 23:36:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あぢさゐやをさなきころのわらひごゑ



ajisai_smile.jpg
  1. 2009/06/19(金) 23:30:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タイムスリップ?

涼風や川波光る江戸の夜 

東京までコンサートに、ということは今までになかったようだ。
他に用事があって行った時に、行ったことはあるし、ジャズライヴは何度も愉しんでいる。

とにかく、友達と三人で江東区のホールで素敵な演奏を聴いた。
帰り路は300メーターほどだろうか、公園を出てから橋を渡ってホテルまで歩く。
橋の上の涼しさに立ち止って、名を知らぬ川面を眺めていた。

ふと想ったのは、理野のこと。
めずらしく愛読中の朝日新聞掲載の小説「麗しき花実」の主人公で、江戸の女蒔絵師。

彼女はこんな風を頬に受けて歩いていたのだろうか…などと。

三河の国から「のぞみ」でならば、あっという間に江戸へ着く、そんな今なのに、
いや、だからこそあの小説に惹かれているのだろう。

何度かネット上で蒔絵の櫛を探して眺めてもみた。
わたしの手元にある油壺との関連も思いながら…

四月に観に行った琳派の展覧会には、その理野が関わる絵もあって、
絵はがきを求めて撮ったりしたのだった。



sakai_houitsu.jpg


  1. 2009/06/10(水) 23:04:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Swing

CDのピアノに揺るる沙羅の花

5月30日の夜はジャズ・コンサートのうらかたをした…ま、ほんのちょっとだけですよ。
デキシーランドジャズは陽気。

終ったところで、わたしはなにゆえかCDのコーナーに立っておりました。
わたしがしなくちゃ!と思ってしまったのですね。

3000円と2800円の二種類を、お釣を間違えることもなく!(あたりまえでしょうか…)
「ありがとうございます~」は、以前可愛いこども服のお店があったので、自然に言えましたし♪

いえ、そういうことが話したかったわけではないのに、書いてしまいました。


その一つのCDを翌日聴いてみたら、素敵なスイングが流れて来て。
何度もくり返して聴いたので、ほんとうにいっぱい流れつづいて。

小林創さん、なんと!パイプオルガンの演奏も…だから、ああいう風な奏風なのかも。

うらかたも楽しかったけれど、うちあげも♪



shara_31s.jpg



  1. 2009/06/03(水) 22:13:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。