俳句も写真も音楽も

それから、ほかのおはなしも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

吐龍の滝

木の根張る山路辿れば秋の滝

八月の旅は、八月の内に書かないと。

この夏、一番に清涼を感じた時だった、場所だった。



taki.jpg


taki_20.jpg

・・・・・・・

このところ結構いろいろと、他のことでパソコンに向っている…
仕事ではないけれど、趣味でもないと思う。
「趣味よ、それ!」という人もあるんだろうなあ、ここ見てもらうAさん・Bさん・Cさん達。





スポンサーサイト
  1. 2012/08/31(金) 17:37:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

8月20日

朝の山まことに紅し水引草

樹海の下から水音が聞えていた滝を見ようと、
翌朝、ペンションで教えられた通りに、橋下になる道の駐車場から山道を歩く。
木の根が張る坂道を、土を踏む心地よさを覚えながら登っていたら、
いかにも水引!という力強く張った紅い花の咲く草を見つけた。

以前、わたしの庭にもあったのだけれど、
あれは繊細な水引草で…
こんなのは初めて見るような。



mizuhikisou.jpg

mizuhikisou_2.jpg
ピントは奥に♪




  1. 2012/08/30(木) 11:08:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

清里にて

大樹海見降ろす橋の赤とんぼ



jukai.jpg




  1. 2012/08/27(月) 09:12:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さんぽ

濃みどりの器求めし秋初め

あれは萌え木の村、数年前と比べるとお店が少なくなっているような。
好きだったクリスマスグッズの店も消えていたし。

でも、花は咲き、木や草はとても元気。
買ったのはプラスティック製の、形の良い如雨露だった。
「如雨露」は夏の季語に入っているから、そのままは使えないのかと…

鉢の植木がシャワーに喜んでいるような気がするこの数日。



kiyosato_hana.jpg


今朝、メーカーをしっかり知りたくて 如雨露 で検索したらAmazonにあった!
青とかパープルとかの色もある、トルコ製。
自分で写すより早いので写真を頂いて来ました~
いいデザインでしょう?

img10432939732.jpg



  1. 2012/08/24(金) 22:03:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

BOULANGERIE

コスモスに誘はれパン屋の青扉

蓼科から清里までパンを買いに行きました。
清泉寮のパンです。

それから食べたソフトクリームは、甘くてとろりとしてました。
19日の午前中でした。



boulangerie_s.jpg




  1. 2012/08/21(火) 22:59:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

十五日

鉤ホック付け替へてゐる終戦日

夏の初めに、はずれ掛けているスカートが二枚あった。
直そうと思いながら、今まで…
外出の時に「!」と何度も感じながら、である。
デザイナーを夢見たこともある、のに。
足踏みミシンを手放してからは、それこそ簡単なスカートすら縫ったことがない。

挙句の果ては、遠視であることからボタン付けも面倒になっている。
近視の友達は眼鏡を外せば縫物も読書も楽だと言う、羨ましいことである。

時に気まぐれに小物などを作れば、これはこれで楽しいし、
発作的に以前のジャケットの丈を詰めたり、ボタンを変えたりも。

でも、同じ目が疲れるのならばパソコンを選ぶことの方が多い、いやそればかりだ。

午後のしばらくを、自然に針を持っていた今日。
とても落ち着いた気分になっているのが不思議だった。
年相応の暮し方、なのかもしれない。



green_s.jpg




  1. 2012/08/16(木) 00:36:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Olympic

色音光織りなす秋や閉会式

olympic.jpg




  1. 2012/08/14(火) 11:42:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きのうです

今日の秋清里の壷想ひをり

この写真を撮ったのは3年前?4年前?
「自由に写して下さい」との張り紙のある美術館でした。

今年も行きたいのです。




dorm_20120808220211.jpg




  1. 2012/08/08(水) 22:03:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

そういえば・・・

秋隣買ひ物籠もそれらしき

書いてから思い浮かべたのは紙紐で編み、柿渋を何度も塗って仕上げたもの。
二度目の母がわが家に来るなり、せっせと編み始めた、美しい籠。
再び主婦になる決意だったような気がする。
そして、わたしの母になる決意だったかもしれない。

ところが今日の籠は食品売り場のプラスティックの黒っぽい籠で、
カートに載せてあれこれ品物が増えていく…
巨峰もひと房、美味しそうな桃も。

おばあちゃま、わたしはあなたの年を追いかけ、
でも、なぜかまだ若い気分でいます。
あなたよりひと回り年上だった父と暮していたのですよね。
その違いかもしれないですし、時代の差かもしれません。
ええ、あなたはこんなことして遊んでは居なかった。



akidonari.jpg




  1. 2012/08/07(火) 00:37:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出窓

朝蝉の大コーラスの響く窓

目が覚めると蝉の声~~な毎朝。
コーラスを聴きたくて、新しい風を入れたくて、出窓の横を開く。

南西に向いているから朝はやさしい日射し。
ずっと前に頂いた、素敵な方の手作りの粘土の人形が、
ガラスの向うの葉っぱの緑に溶け込んでいる。



mado.jpg




  1. 2012/08/04(土) 22:12:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お祭

八月や車通さぬ街の賑



gomangoku.jpg
いろんなグループの「五万石踊り」



祭が終ってもまだ車の走らない街を、
友達と別れて一人で帰る時、人が歩く街をしみじみと感じてもいました。





  1. 2012/08/04(土) 03:06:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。