俳句も写真も音楽も

それから、ほかのおはなしも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ふわふわ

九月尽わたし好みの芝生かな

今年の暑い夏に、それほど水遣りもしなかった。
でもその間に一度も芝を刈らなかった。

そうしたら、今、こんなに美しいやわらかな芝生の庭になって、わたしは喜んでいます。
木陰が大きければ、ゴロンとおひるねしたいくらい。




shibahu3.jpg

shibahu2.jpg




スポンサーサイト
  1. 2015/09/30(水) 21:13:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こすもす

「里の秋」はるかに透る母の声

今になって母恋いのわたし。
この歌を海に近い家で唄ったことも・・・
もっと前、子守唄がシューベルトだったことも、
その古い素敵な訳詩も、覚えています。




cosmos_4.jpg





  1. 2015/09/20(日) 21:36:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんだろ?

葡萄には非ず綺麗なまろきもの

知らないことで年が分かってしまうのかも・・・
でも、知らないのです。
ラムネ菓子よ、と言われてもラムネって飲み物だし。それもあまり買ってはもらえなかったし。

人気があるんですってね、今。




ramune_b.jpg




  1. 2015/09/14(月) 22:48:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひとつ

花野道にて求めしか父とともに

わたしが選んだたったひとつの油壺が現れた。
豊橋からまた電車に乗って行った田原町。
たしか父は崋山のことが目的だったと思う。
そしてどこかで骨董屋さんへも。
幼かった長男が広っぱでブランコに乗ったような。
そんな遠い日。




aburatsubo_yukuko.jpg





  1. 2015/09/01(火) 23:31:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。